「ほっ」と。キャンペーン

キャンピングトレーラーを牽引しお手軽な旅を楽しんでいるkissy家のファミリーキャラバン日記とついでにGuitarのことも少し。最近愛犬ハリーのネタが多いです。


by kissy572

馬場俊英MO:GLAライブ

7月11日の馬場俊英ライブに行って来ました。
アコースティックスタイルということで本人を含めアコギ2本とキーボードの3人編成でのライブでした。
馬場さん本人のギターはフィンガーピッキングの曲はコリングスのドレッドjノート(多分サイド&バックはローズウッド)でピックを使う曲には赤いダブを使ってました。ま、でも彼の場合そんなことどうでも良いかって感じですね。
彼の歌は子供の頃から現在までの経験ややその時代時代の流行などを詩に盛り込んでいる歌が多いのですが私とはほぼ同年代なのでその時代時代の目線の高さや感じていたことなどとても共感できる詩が多いです。
でライブに行ってみて話をする馬場さんを初めて見ましたが印象は、とても謙虚な感じの普通そうな好青年という感じの方でした。
で歌もやっぱり良かったです。行って良かった。
この日のモグラでのライブにはなんとNHKのテレビカメラが2台も入っていてライブ開始前から終わってからも会場でカメラが回ってました。なんとNHK教育デレビの日曜日の夜10時から毎週放送されている「ETV特集」という番組で秋ごろ「馬場俊英の歌を取り巻く人たち?」をテーマに放送される予定でそのためのライブ及び前後の取材だった様子。このことは彼にとってはとても大きいな事のようで、重大発表だったのですがここ岡山MO:GLAで初めて発表したようです。
でライブ終了後アンケート用紙にアンケートを書き込んで会場を出ようとするところをつかまって約5分ぐらいインタビューを受けてしまいました。実は馬場さんの歌を聞き出したのは今回のライブチケットを入手してからと言うことで馬場俊英ファン暦2ヶ月程度の私が答えて良いのか?と思いながらも、取材拒否をするのも大人気ないかなと?なんとなく質問に答えてしまい、挙句の果てにアンケートに何と書いているのですか?との質問と同時にへたくそな私のアンケート用紙までもカメラに写されてしまいました。当然ながら本番ではカットされることを期待しています。

で1曲馬場さんのこの7月25日にリリースされる再録音曲




「スタートライン」良い歌です。

もうダメさ これ以上は前に進めない
そんな日が 誰にだってある

だけど 雨でも晴れても何でもいつでも
その気になりゃ 何度でもやり直せる 何度でも

これからのことを思うと 負けそうになる
心配なことがあって しゃがみそうになる
あと少しだけ もう少し 強くならなくちゃ
でも 大切なことはいつも 誰も教えてくれない

だから そうだよ くじけそうな時こそ 遠くを見るんだよ
チャンスは何度でも 君のそばに

この道の先に何が待ってるかなんてこと わかるわけない

答えがあっても無くても YesでもNoでも
決めた道を行くしかないさ あるだろ? そんな時

青春と呼べた 時代(とき)は過ぎたのに
今でも心の奥に 風が吹き抜ける
優しい人にばかり 悲しみが降り掛かる
報われないことが ここには多すぎる

だけど そうだよ どんなときも信じることをやめないで
きっとチャンスは何度でも 君のそばに

だから そうだよ くじけそうな時こそ 遠くを見るんだよ
見えない このスタートラインから また ここから

きっと そうだよ いつかきっと真心が何かに変わるんだよ
そうさ チャンスは何度でも いつも君のそばに

[PR]
by kissy572 | 2007-07-16 00:50